忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ [インプレ]TNI Right Open Cage[レビュー]TOPロードバイク ≫ [インプレ]TNI Right Open Cage[レビュー]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

[インプレ]TNI Right Open Cage[レビュー]

ボトル"ケージ"であって、間違っても"ゲージ"ではない。
自転車屋だったりが、ボトルゲージって言ってるというか書いてると見るたびにモヤモヤする。
まぁ伝わればいいんだろうか。

IMG_1623_R.jpg

この自転車に純正でつけられているハンドルコラムが、写真を見てもわかるように、ボトルケージ取り付け用の穴が用意されており、そちらもつけるなら、右斜めに取れるようにしたほうがいいんじゃないかなと思い、買った一品。

TNIのカーボンボトルケージは他メーカーに比べると圧倒的に安い。大体1/2程度の値段であるのもいい。


んだけど、取り付けて初めて通勤に使った際、前記事のボトルを挿していたところ、ボトルが落ちた。
段差の衝撃の瞬間に落ちたので、新品のボトルに傷が付いたことにも落胆しつつボトルはリュックへ。
ただ、本当に衝撃だけで落ちたのかと今思い返すと、実際のところ、衝撃の前にボトルに脚があたって、ボトルが少し抜けてたのではないかと思ったりもする。
まぁそれもそれでどうなんだという問題ではあるんだけど。

その後は一度も使用せずに、ELITEのPARONにしてみたら、こちらは問題がなかった。

しかし、つい最近、ハンドルのほうへこのTNIのケージをつけて、ツールボトルを挿してみた所、問題なし。
ただこちらは地面に対して立って付いているので参考にはならなそうだった。

ならもう一回フレームのほうで試してみればと思うのだが、やはり落ちたときのことを考えると危ないし出来ないなぁと。


新たに買うにはもったいなすぎるが、でもカーボン地大好きな自分としては、ボトルケージはカーボンでないと落ち着かないんだよなぁ。
それにしても自転車用品はほんとに高い。
こんなのでも3kするんだからね。安いほうなんだけどね。トップメーカーのなんかは8kしたりするからね。


まぁ、気が向いたら危なくないところで衝撃テストでもしてみようかと思っていたり。
ボトルとの相性が悪いという可能性もあるし。

そんなわけで。


Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。