忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 勇侠園遊会 其ノ三ソワレ レポートTOPALI PROJECT ≫ 勇侠園遊会 其ノ三ソワレ レポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

勇侠園遊会 其ノ三ソワレ レポート

園遊会といっても、FC会員限定のミニライブ。
勿論(モチのロンという言葉が頭をよぎるあたりやばい)、アリプロのイベントとなる。


思い返せば、其ノ二に行きたいが為にFCに入会したんだった。
これといって目ぼしい会員特典はなく、それこそこの限定ライブくらいなものだけど、それでも脱退する気はなし。

一昨年の前回はイクスピアリのライブハウスというちょっと洒落たところで、ディナー付きのライブだった。
もうほんと数メーター先が舞台という距離感と、初めて行くライブがこんな贅沢でいいのかと。
それからはツアーライブは欠かさず行くようになりました。

去年の握手会の際に、ktkrご本人に直で「今年は園遊会はやらないんですか?」と聞いたことが開催に繋がったんだろうかとか勘違いも甚だしいことを妄想しつつ、今回も無事当選し、開催の日を待ちわびてましたよ。



前回もソワレだったけど、今回もソワレ。
最近は白アリこそ真骨頂と思うことが多いのだが、それでもやはりアリプロといえば黒アリかな。
というよりも、せっかく間近で見て聴けるのだから、どちらがいいのかと問われたら間違いなく黒なんだ。

黒アリは、蔑むような強い眼光を近くに感じながら、聴いていたい。
白アリは、純粋に耳に響く声を聴くのがいい。だから近い必要はない、いい音響設備で、たまに目を瞑って聴きたい。

そういうことで、迷わずソワレなのである。



では、前置きはこのくらいに。


今回はカップリング限定という縛りでのセトリ。

1 Hell’s Maria(Matinee)/麤皮(soiree)
2 亡骸の女
3 夜見のたそがれの、うつろなる蒼き瞳の。
4 あたしがアリスだった頃(Matinee)/S嬢の秘めやかな悔恨(soiree)
5 水月鏡花
6 鎮魂頌
7 共月亭で逢いましょう
8 桃色天国
9 私の薔薇を喰みなさい
10 阿修羅姫
11 未來のイヴ

このセトリ見ると、1・4以外はマチネもソワレも一緒のようだ。
ソワレだからといって黒アリっていうわけでもないのね。

まぁそもそも黒アリ・白アリに留まらず赤アリ・青アリもありますし。
このセトリでも純粋に黒アリというとないのでは。


個人的に一番よかったのは2の亡骸の女。
というのも初めて聴いたので。
聴きたい曲投票では1位になるほど人気だった。

4のS嬢の秘めやかな悔恨、6の鎮魂頌も良し!というかまぁ全ていいわけだけど。

8の桃色天国はノリノリな歌なんだけど、やっぱり楽しそうに歌ってる姿を見ると、こっちも感化されてとても楽しい。

今回はマチネの後だったこともあって1曲目から調子がよさそうで、3あたりからはほぼどれもCD音源を凌駕していたと思う。
このCD音源超えを一体どれだけのアーティストが出来るだろう。



歌の後は、トークコーナーとプレゼントコーナー。
それぞれとも、自分のは当たらないだろheheと思いつつこういうときこそ当たるんだよなと淡い期待を抱いていたが
当たらず。嗚呼、チェキ撮影羨ましすぎる。

ちなみに、トークコーナーは相変わらず微妙な盛り上がりだったけど、その緩さがいいのかもしれないなぁ。



総括/
今回は渋谷のライブハウスということで、料理はなく、ドリンク代別の椅子掛けミニライブ。
席は2列目と素晴らしい位置での鑑賞だったので満足でした。
ただやっぱりディナーがついてた前のほうが豪華だったのは否めない。まぁ今回は5kという値段ですしね。
それを考えると贅沢は言えない。というか当選できただけありがたいことですわ。

後はライブハウスの音響設備が思いの他良くないんだなぁというのを知った。
のと、頼んだモスコミュールがただのジンジャーエールにしか感じないレベルだったということ。


まぁ、とりあえずの記事だけど、そんなわけで。
アリプロ最高!

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。