忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 集中TOP日常 ≫ 集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

集中

前々からわかっていたことではあるんだけど、今日改めて思い知ったという呆れた話だが、
自分はどこをどうみても不器用なのだ。


というのも、ひとつのことにしか集中できない。
一見、「なんだそれは素晴らしいことなんじゃないかそれこそまさに集中という言葉そのものじゃないか」
と思えなくもないが、話は違い、あくまで本人はいろんなことを並行していきたいと思っている。
それなのに、気付けばひとつのことに捉われて、それ以外のことは蔑ろにされているわけだ。


では一体、今何に集中していて、逆に何が蔑ろにされているのか。

前者は自転車であり、後者はファッションである。

自分は、好きなものや熱中・集中したいものには、可能な限り必要であればお金をかけたい人間だ。
形から入るタイプといえば聞こえが悪いが、まぁ否定はしない。
ただまぁ、やたらめったら散財するようなことをしているわけではなくて、
勿論、自分の中で、必要だと思ってOKを下しているときにのみ、お金は使う。

だが逆を言えば、必要がないと思ってしまえば、お金をかけることがとことん嫌になる。
それが今まさに迫害を受けているファッションといっていいだろう。

過去にファッションに目覚めた時期があった。
決まってそういうときは、服を買いたくなり、割と値段の張るものでも買っていた。

だがその後、フィギュアというおもちゃに出会い、金の出所はそちらへシフト。

そして更に巡り今度は自転車に吸収されているわけである。


だから、1台目のロードバイクを買ってからの一年、つまり2013年だが、
買った服といえばロンT一枚と下着だけ。たったそれだけだ。


休日になれば私服を着るが、毎度ローテーションは決まっている。

アウターは各季節ごとに2種類以下。
ボトムスもワインとブラックの2種。
ある程度数が必要そうなロンTは3枚だけだ。

この数が普通かそうじゃないかは人それぞれだけど、少なくとも私自身は、少ないと思ってしまう。
それはつまり、心のどこかでファッションのことを少しでも考えているからなんだろうと思う。

でも自転車という新しい趣味によって、それが奥へ奥へと追いやられていってしまった。

一瞬、両方に出せるお金があれば両立できるんじゃないかと思ったが、
ちょっと考えたら、自転車に使ってしまう自分がいとも簡単に想像出来てしまった。

よし。
2014年は自転車を頑張る年にすると掲げたが、これを機に自転車に闇雲に投資するのはやめよう。

二台目も買った。そりゃあもう自分の中では大枚をはたいた。
ローラー台も買った。
とりあえずは、消耗品以外はこれでいいんじゃないか。
そろそろファッションにもお金を掛けてもいいんじゃないか。

と、サドルレールに取り付けるマウント買わなきゃなぁとか思いつつ思っている。


そんなわけで、今年はファッションにも力を入れていこうという新たな決心。
そこでじゃあどういう方向でいこうか考えてみた。

そこですぐ頭に浮かんだのが、相棒のカイト君ファッションだ。
襟付きシャツにジレを着てジャケットを羽織る。
勿論素材がいいからなんだけど、かっこいいよね。

というわけで、今年は襟付きシャツとジャケットという服装で春と秋を過ごそうと思う。
普段着で襟付きって、ポロシャツ以外着たことないんだよね。
似合えばいいなぁ。



最近、ちゃんと文章が書けなくてブログ書くのがしんどい。
そんなわけで。

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。