忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 終わらない年はない。始まらない年もない。誰も待ってはくれないTOP日常 ≫ 終わらない年はない。始まらない年もない。誰も待ってはくれない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

終わらない年はない。始まらない年もない。誰も待ってはくれない

2013年ももうそろそろ終わりが迫っている。

この時期になると、こうして必ず日記なのか呟きなのかよくわからないものを書き始める自分がいるわけで。
それと同時に、去年はどうだったか、はたまた一昨年はどうだったかと過去に目をやる自分がいて。

人間っていうのは、自分から何かしようと思わなければ、
何一つ変わらないし、何一つ得られないし、何一つ成し遂げられやしない。


分かっているのになかなか行動に移せないのがただの人だ。

分かっていて何とかしなくてはと行動に移せるのが努力人だ。

行動に移してもやはり何も実らないのが凡人だ。

それでも尚続けられ実を結ぶことが出来るのが成功者だ。

行動に移すためには、努力が必要だ。


私は努力以上にとてつもないエネルギーを要するものはなかなかないと思っている。
究極的には努力というのは「本来しなくてもいいことをする」為の力だ。
努力をしなければ生きていけないというのならそれは「しなくてはならない」ことだがそうではない。
事実、努力をしなくても「ただ」生きていくことは出来る。

「しなくてもいいことをする」≒無駄
無駄なことは疲れる。心が疲れる。身体が疲れる。

だからこそ、努力には膨大なエネルギーが必要なんだ。


という屁理屈なんだけど、
実際問題、まず努力をある程度続けられるかどうかが成長への分かれ道だ。

そのスタートラインにも立てていない自分としては、成長が見られないのも当たり前というわけである。


筋力トレーニングで超回復という言葉があるが、努力を続け成果を出すには適切な休息が必要なんだよね。
これを適切に行なえないことこそが、多くの人が努力することを継続できない諸悪の根源なわけだ。



まぁそんなわけで。
良いお年を。

ちなみに私はまごうことなき、ただの人である。
最初は人じゃなくてクズにしてたけど自分だけならまだしも他人様をクズ呼ばわりしかねないのでやめたとかなんとか

Comment

こんにちは!今年もあと少しですね。

私も少し、振り返った日記でも書こうと思っています。

努力、結果の実らない可能性にかける努力。
成功しなければ、認められない努力。

考え方によっては、とても深い内容ですよね。
何かの漫画か何かで、『努力ができること自体も才能』とかも納得した覚えがあります。

でも、最近は目的がまずあって、そこにたどり着きたい気持ちが、いつの間にか努力になっているのかなとか思い始めました。
なんだかよくわからないですねw

来年のこの時期に成果が自慢できる日記が書けるように、来年は色々足掻いてみようと思います。

では、良いお年を(^^)
2013.12.31Tue 13:38 ≫ 編集
>やまひさん
あけましておめでとうございます!

>最近は目的がまずあって、そこにたどり着きたい気持ちが、いつの間にか努力になっている
これが一番理想なんじゃないかなと思いますね。

私も、今年は何か自慢できるくらいのことを成し遂げられればいいなぁと思います。
2014.01.01Wed 16:30 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。