忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ロードバイクはお金がかかるTOPロードバイク ≫ ロードバイクはお金がかかる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ロードバイクはお金がかかる

趣味っていうのは、須らくお金のかかるものだと思う。

フィギュア
ドール
カメラ
オーディオ

バイク
PC
etc...

正確にはその趣味にどの程度没頭するかに尽きるのか。

ロードバイクだって、極端な話、完成車一台を買ってしまえば走り出せる。
当然のことなのだが、しかし、これで終われないのもまた当然のことだと思う。

人間の欲というのは際限ないものだから、少しすると不満が出てくるのだ。
どんなに気に入って買ったものでも、ここをグレードアップしたいだの、見た目がやっぱり好みじゃないだの。

中には上記のように完成車一台それのみで、あとは消耗品類だけの出費に留まる人もいるだろう。
でも、ロードバイクという自転車の世界においては、きっとそっちのほうが少数派なのではないかと思っている。




その理由として、まず挙げられるのは
機材の違いを体感しやすいという点。

無論、ハイエンドになればなるほど、その機材同士を比べたところで、違いがわかるわけではないと思うが、
対照的に、エントリークラスのものとミドルクラスのものとの壁はとても高いというところがミソだ。



ロードバイクを購入する方法としては二つの方法がある。

・完成車を買う。
・フレームから買う。

初心者の場合は、8割がたは前者の完成車を買うを選ぶだろう。
かく言う私もその一人。

メリットとしては、まず入門モデルの価格帯においてはそもそもフレームのみの販売というのは存在しない。
フレームだけで売っているものは最低でも15万(フレームだけで)はする。

だから、とりあえず始めてみようという人にとっては、なかなか選択肢には入らないのが後者なのだ。


そして完成車は、いろんなパーツをアッセンブルする中で、コストダウンの為、各所に安上がりなパーツを使っている。
この点で特に問題となるのがホイールだ。

どのメーカーの完成車を見ても、ほぼ間違いなく、ホイールは安物をつけている。
いわゆる鉄下駄ホイールと呼ばれるもので、とにかく重い。

それでもまぁ安くても前後で1万円ほどはするのがホイールだから、
全く興味のない人にとっては、「えっ、ママチャリ買えるじゃん」という感想を抱くだろう。


ロードバイクを始めて、一番最初に交換をしたくなるパーツとして、
1にブレーキ。そして2にホイールが挙げられる。
ブレーキについては安全性を求めて、ホイールについては走行性能と見た目を求める。

やはり乗り物なのだから、快適だったり、速かったり、見た目がかっこよかったりしたほうが良い。

そんなわけで交換に至るわけだ。

そして、少しいいホイール(3~5万円くらい)に変えただけで、恐ろしく乗り味が変わる。
初期ホイールとの性能の壁が高すぎて、誰にでも違いがすぐにわかるのだ。

この快感を知ってしまうと、もう後戻りは出来ないと思う。
これこそが、始めの状態で満足する人のほうが少数だと思う理由。


ホイールだけじゃない。
ロードバイクにとって、機材の材質はとても重要な部分だ。

カーボンなのかアルミなのか鉄なのか。

それぞれにそれぞれの良さを持っているが、ロードレースという括りで考えれば、圧倒的にカーボンが優位に立つ。
カーボンフレーム・カーボンホイール・カーボンハンドルなどなど。
1gでも軽くしたい人にとってはカーボンを選ばない術はない。チタンという道もあるけどそれはまぁおいといて。

また、カーボンは振動吸収性がアルミより強い。
私も実際体験して驚いたことだが、ハンドルをアルミのものからカーボンに換えただけで
地面からの突き上げによる振動が明らかに少なくなった。
始めは自分のロードバイクのフレームがアルミで、どうしても重いのが気になっていたから、
少しでも軽量化をと思って購入したものだった。

この体験で、二台目は必ずカーボンフレームにすると決心した。



まぁつまり、ホイールの体感も全て、自分自身の体験によるもの。
デフォルトのホイールから変えたホイール自体にものすごい不満があるというわけではないのだが
この体感がまた味わえるのだとわかっていれば、もっと良いものを使ってみたいと思ってしまうのが性だろう。



いやぁ恐ろしいね。趣味ってのは。
貧乏人にはもっとお金のかからない趣味がお似合いなのかもしれないな。

でもここまで来たら辞められないというか、やるからにはとことんやらなきゃ損というか、
うーん、まだこの辺モヤモヤしてはいるものの、mixiのマイミクでひとつのことに夢中になれている人を
見ていると、「おお、いいなぁ!」って思っている自分は此処にいる。



趣味における、最終地点って何処なんだろうな。
決めなければ何処までも?飽きるまで?

飽き性としては、飽きることが終着点な気がするが、
飽きるということは、よほどそれが嫌になったか、楽しみを見出せなくなったか
もしくは、他に興味を抱くものを見つけてしまったか。

今までの自分を振り返ると、両方だよなぁとか思いつつ。

やはりモヤモヤはとれないまま、就寝。


そんなわけで。

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。