忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ ロードバイク~納車~TOPロードバイク ≫ ロードバイク~納車~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ロードバイク~納車~

気づけば12月に入って、ますます寒さに磨きがかかっているわけですが。

そんな中、つい先日11月の最終日に自転車屋から連絡が入り、入荷しましたとのこと。
2013モデル Felt Z85 マットブラックです。
代休もとっていたこともあり、当日すぐに受け取りに行きました。


というのも、休日に行って、あまり人が大勢いるようだと嫌だから。
店に行っても、はいどうぞというわけにはいかず、
ポジション出しからメンテなどの説明が終わってからの納車となる。


予想ではお客さんがいないものと思っていたのだが、行ってみると二人店内に。
ただ数十分すると誰もいなくなったので、結果、私一人のみとなりました。



まず、ポジションから。
デフォルトの状態だとサドルはハンドルより4・5cmほど高い位置にあるが、それに跨ってみる。

高い。

下げましょう。

高い。

下げましょう。

まだ高い。

下げましょうか。

あ、これなら。

結局ハンドルとほぼ同じ高さになってしまいました。短足を呪う。

この後はひととおり説明を受けるが、
入荷を待っている2ヶ月間、結構ネットなり本なりで知識だけは蓄えていたので、聞かなくてもわかるものが多かったが、しっかり聞いてきました。
最終的には、初期伸び然り、何かあればお店に持ってきてくださいとのことでした。

個人的には、ロードの魅力にとりつかれてハマることが出来たら、
ゆくゆくは少しでも自分でメンテやパーツ交換などしてみたいと思っているので、
それまではお店に頼って、知識を身に付けようと思います。

帰りは乗って帰るわけですが、やはり初めて乗るものは怖い。
特にブレーキが縦についていることが、こんなにやりづらいものだとは思いませんでした。
サドルの高さは、高いものの、そこまでは問題なし。
ハンドル幅が40cm程度しかないので、バランスのとり方が案外難しい。

初乗りのインプレはこんな感じ。

そして、今日、自転車の写真を撮るついでに、父親と一緒に近場を走ってきました。

新川の川沿いをメインにして18.89km走行。時間は59分43秒でした。
大体平均20km/hです。
このくらいの速さが一番ちょうどいい。
2回目のインプレとしては、
・25cのタイヤだからか、案外安定している。
路面状況は気にはなるものの、よほど悪路や段差などをスピード出して通らなければ、
空気圧さえしっかり管理していれば、パンクは問題なさそう。

・ギアチェンジが難しい。
やり方が難しいのではなく、適正なギアを選ぶことが何より難しい。
ケイデンスを見ていると、傾向としては、重くしがちなのかなといった印象。
よほどスピードに乗っている状態でなければ、トップに入れるほどではない。

・ブレーキ操作のしづらさ。
やはり始めに乗ったときと同様に、ブレーキが慣れないとかけづらい。
ただ、効きは普通のママチャリなどに比べいいので、ぎゅっと押すのではなく、じわーっと押してく感じで。

・若干重い。
重さがサドルバッグやらその中身やらポンプやらつけてしまったこともあり、10kgを超えているので、
やはり少し重さを感じる。
とはいっても、手で持ち上げる分には軽いのだが、走ると重さを感じる。初心者ながらに。
まぁカーボン車ではないし、エントリーモデルなのだから、これは仕方ない。
まだまだそこまで軽さを追求する段階ではないので、とりあえずはこのままで。
慣れてきたら、ホイールを変えたい。

・手が案外痛くなる。
専用のグローブをしていても、痛みを感じた。
恐らく、慣れていないことに加え、荷重が手にかかりすぎているのかもしれない。
つまり乗り方がダメだということ。
この辺も慣れてくれば変わってくるんだろうか。

・お尻も痛い。
一応レーパン履いているのに、痛い。
慣れですか。



全て自分の未熟さゆえといったインプレになってしまった。
まぁ初なので、それも当たり前か。
とりあえず、今日のところはこんな感じで。
車などに気をつけさえすれば、すごい楽しいです。

IMG_0537_R.jpg

IMG_0538_R.jpg

IMG_0539_R.jpg

IMG_0540_R.jpg

IMG_0541_R.jpg


そんなわけで。

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。