忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 抗えない運命は果たして存在するのだろうかTOP日常 ≫ 抗えない運命は果たして存在するのだろうか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

抗えない運命は果たして存在するのだろうか

今日、同僚が静岡からの帰り途中、ロードと接触事故を起こしてしまった。
電話を取るための路駐からの復帰の際に、一台車をやり過ごして発進しはじめたところ、
後方から右サイドミラーらへんにロードがぶつかってしまったらしい(本人談)

その同僚は、1歳年上だが3年ばかり後輩にあたる人で、
普段から仕事も真面目で人一倍努力していて、とても信頼している存在だ。
だが、去年から実に立て続けに事故にあって、これで3度目となってしまった。
1度目は不注意による追突で、本人も深く反省していた。
2度目はもらい事故。コンビニから道路へ左折したところ、後方右車線を走っていた車が急に車線変更してぶつかられたようだ。
本人の落ち込みぶりといえば相当なものだった。

そして今日。
2度の事故があったこともあってか、つい最近同乗した時には、人一倍左右確認などもしていたし
そんな彼がまさかまた起こしてしまうなんてと思った。

はじめは自転車としか聞いていなかったが、
本人から話をちょっと聞いただけで、ああロードバイクだろうなとすぐ思った。

後方確認はしっかりしていたのに起きてしまったのだとしたら、
ちょうど死角に入ったところだったのかもしれない。
実際に見ていたわけじゃないから推測の域を出ないが、
恐らく、ロードは彼が一台やり過ごした車の後ろにいたか、
もしくは、彼が確認した段階では彼の車の後方のほうに居て、ちょうど同じタイミングで避けようとしたのか。

車はボンゴで、一般車より窓の面積も広いので後方の確認は割としやすいほうなのに、
何故発見できなかったのか。
それと同時に、ロードのほうは彼の車のウインカーが見えていなかったのか。
ロードのほうの危険意識・予知は十分だったのだろうか。

色々と疑問が残る。

事実、どっちが悪かろうと、少しでも動いていた以上、車のほうが悪くなるわけだから

当たり前のことだが車側は十分注意する必要があるし
と同時に、ロードのほうも自己防衛なりはする義務がある。



こんなことを書いている自分も、実はついこの間、
左折の際に、前方歩道から走ってきた自転車とぶつかりそうになった。
自転車がきているのは知っていたが、
歩行者信号は自分が横断歩道にさしかかるあたりでちょうど赤になっていたし、
来るわけないだろと思ってたところでコレ。
一度こっちが止まったら更に迂回して渡ろうとするし、なんか睨んでくるし。


車の運転をする仕事である以上、事故の危険は常に隣合わせだ。
どんなに注意していようと、どんなに安全運転を心がけていようと事故は起きる。
ただ、起こさない為にも注意しないといけないし、安全運転をしないといけない。

自分の不注意で起こしてしまった場合は明らかな非が認められるしわかりやすいものだが
そうじゃない場合に起きてしまった事故は、何とも言えない気持ちになる。


人の振り見て我が振り直せではないが、今回の事故の一報をメールで受けたとき、
自分も気をつけなくちゃなとすぐに思った。
逆を言えば、常に念頭に置いてまでは気をつけないとという気持ちがあるわけではないということだ。
過剰に心配になっても仕方ないが、頭の片隅には置いておきたい。


また、
車道を走るロードバイク(スピードが出るということ・タイヤが細いということ・身体をガードするものがヘルメットしかないということ)が如何に危ないかというのも、改めて思い知った気がした。


当の本人はそれはもう相当に落ち込んでいて心配だが、
同僚である以上、出来る限りのことはフォローしてあげたいと思ってる。



これを読んでいただけるであろう人は、ロード乗りの方が多いと思うので
皆さんも事故らないように気をつけましょう。


そんなわけで。

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。