忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

[インプレ]Camelbakポディウム・ポディウムチルボトル[レビュー]

折り畳みミニベロのカスタムより先に書いておこうと思っていたことを簡潔に。

かねてより欲しかったキャメルバックのボトルだったけど、
別にエリートのアイスバーグで問題なかったから後回しにしてきた。
が、F-20RCのボトルケージが地面に対してほぼ水平なのもあってやっぱ欲しい。

ネットでは随分在庫切れのままで買えなかったことも、後回りにした要因なんだけど、
たまたま新宿のワイズに行ったら在庫があったので購入。
ネットのほうでもどのショップも入荷情報が入ったので、どうやらちょうどのタイミングだったようだ。

で、購入したのがこの二つ。

IMG_1624_R.jpg

左が保冷保温効果あり、右がなし。

キャメルバックのサイクルボトルの特徴は言わずもがな。
ロック付きの飲み口で逆さにしても漏れないところと、
柔らかいボトルを直接潰せば飲めるところ。

このどちらも魅力的なので購入したわけである。

で、実際に使ってみた感想だけど、概ね満足。

ロック機能は素晴らしい。リュックやジャージポケットに入れておくなどの場合はロックをかければ
ボトルが押されようが漏れることはない。
またロックがかかっていない状態でも、ボトルを潰さない限り、逆さにしても漏れない。

なので、ボトルケージに取り付けてる場合に関しては、基本アンロック状態で問題ない。
飲むときには飲み口に口をつけて吸い出すよりは、やはりボトルを潰して出したほうが効率がいい。
結構勢いよく出る。
ただし、当たり前といえば当たり前なのだけど、弁を飲み物が通るのにほんの僅かラグが発生するので、
一瞬、「ん?」と思うことがしばしばあった。
だからどうしたというわけだけど。

保冷効果については、エリートのアイスバーグと比較すると、短時間で常温に戻っている気がする。
時間にすると、アイスバーグはボトルに記載している通り、3h以内であれば、まぁまだ冷たいレベルまでは維持できる。
一方、キャメルバックのポディウムチルボトルでは、2hももっていないような。
個人的には保冷効果については少し物足りないかな。

ボトルはかなり広口になってるので洗いやすい。
が、普段使ってるものを試しににおいを嗅いでみたところ、いろんな意味でやばい。
別にカビが生えているとかそういう目に見える汚れなどがあるわけではないのだが、
なんか良くはない匂いがする。
ボトル自体の素材の匂いと、入れていた飲料の匂いなどなど。


何回かに一回はハイター漬けしているけど、やっぱりボトルは消耗品だと思う。

衛生的に考えても、一年に一回(酷使するだろう夏シーズン後)には換えたいとこだね。
といっても、保冷保温効果のあるタイプは1k以上はしちゃうから馬鹿にならないけれど。

まぁそんなわけで。
次はボトルケージの記事を書いて、その後折り畳みへ。
スポンサーサイト

はじめてのおもちゃショー

今日は予定していたおもちゃショーへ、友人と行ってきた。

結論から言うと、9割がた、自分には用のない催しだった。
まぁ当たり前なんだけどさ、おもちゃは基本子供のものだしね。

子供連れが多い中、男二人がウロウロしてるのは異質ですわ。
スタッフも子供目線の対応がデフォなので、なかなか近くを通るのが痛い。

当初、妖怪メダルの爆発的人気も相まって、すごい混雑するんじゃないかと思っていたが
思ったほど混雑といった感じはしなかった。
無論いるにはいるが、例えば国際展示場正門駅からすごい列があるわけでもないし、ビックサイト前の広場もそういうことはない。
まぁコミケレベルが異常なんだよね。
なんというか、これはとても興味深いデータだと思うんだけど、おもちゃショーの現場はまるで臭くなかった。
これの意味するところは……言うまでもない。



一応、バンダイからタカトミとその他メーカー一通り回った後はそそくさと退散。
いつもの如く秋葉へ行くも、食事をして、ZINに寄って2冊買って、今度は中野へ。

ちなみに2冊はろんぐらいだぁす!0巻と自転車日和第5集。

中野へは、デジモンに今更ハマっている友人の目的で行ったが収穫は出来ず。
しょこたんもいなかった。
ブロードウェイは毎月一度はロケ先の店があるので行ってるけれど、いつ行ってもコアだよね。
そろそろ建物の建て直しでも来そうな気がするんだけど、そうしたら全店休業になるんだろうか。


あとは、ルノアールで休んでそのまま解散。


KHSの作業に取り掛かろうと思ったけど、明日実家に戻らないといけないし、
せっかくだから戻るとき使おうかと思ってるので延期。
それに色々買い足りないパーツがあったので。


とりあえずは現況の写真でも。

梅雨入りであり憂鬱入りでもあり

まぁ高頻度で憂鬱ではあるが。

今日は友人とおもちゃショーに行こうぜと前もって誘ってたので、支度してよし行くかと家を出る。
雨は今日も降り続け、テンションもあまり上がらない。
が、とりあえず国際展示場に一番近い駅はどこだったかと何回も行っているはずなのに知らないので
おもちゃショー公式HPをチェック。

開催まであと5日!

は?

来週だった。

そのまま朝食を買いにコンビニへ向かい、すぐさま帰宅。
今の今まで引きこもっていた。ほぼ何もしていない。

折り畳み自転車のj写真をあげてなかったのを思い出し、これからいじっていくわけだから、デフォルト状態を記録しておこうと思いパシャリ。

IMG_1616.jpg

スタンドは使わず、ほぼ垂直に立てかけての撮影。スタンド使っちゃうと前輪が横向いちゃうからね。

これで一応いつものサドル高なんだけど、ハンドルとほぼ同じ。持ち手部分だと持ち手のが高い。
脚長くなる方法ないもんかね……。ジャック・ハンマーみたいに骨延長するしかないな。

それはさておき
ハンドルポストには1cmスペーサーが2個とベルのマウントが1cmが付いてるので計3cmは下げられる。

ちなみに地面からハンドルフラット部分までの高さをざっくり測ってみたら94cm。
NOAHのフラット部分で87cmだった。

うーん、まぁ同じ高さにするにはカットしないと無理なんだけど、
カットするにもハンドル下あたりに出っ張ってる部分があるけれど、これが折り畳んだときにフレーム合体させるパーツで、
これを付けるネジ部分があってそれ以上切れないと思うんだよなぁ。

それに加えて、シートポストは黒に変わるし、ステム・ブルホーンも黒に変わるので、
ハンドルポストのシルバーが浮いてしまう。ステムのとこだけ黒に混じってシルバーっていうのもダサい。

そういうわけでたぶん、いずれ黒バージョンのシートポストだけをどこかで取り寄せてもらおうかと考え中である。

ハンドル落差についてはまぁ、ロードと同等にする必要はないでしょう。少しサドルより低い程度でOK。


とりあえずはハンドル周りからいじるわけだけど、必要パーツが多すぎて出費がやばい。千メモ課金とかしてる場合じゃない。


そんなわけで。

初折り畳み自転車

母が亡くなってもう2週間が経とうとしている。
初めの1週間は休みをもらったのに休んだ気がしない、そんな一週間。
その後の1週間は仕事に戻り気持ちの整理が少しずつ出来ているも、唐突に思い出すと少し沈む、そんな一週間。

それでも家族や周りに助けられ、だいぶマシになったと思う。
だからというわけじゃないけど、ロードバイクではない自転車を買ってみた。

普段の通勤にNOAHを使うのもどうなのよと前々から思ってた。
なら、1stバイクのZ85使えばよくね?と思ったけど、
リアがホームトレーナー用だったり、
アルテの軽さに味をしめ、
カーボンの軽さに味をしめ、
まぁ駄目な体質になってるのもあり、どうも乗る気がしない。

それに、もう少し手軽にサッと自転車で出掛けたいときというのがあって、それを満たすものがママチャリしかなかったのだけど、ママチャリはママチャリでいいんだけど、やっぱり走る楽しさを感じるにはちょっと違う。

そんな色々な理由付けと言い訳をくぐり、小径車を買う選択になったわけである。

折り畳み式(フォールディング)か、単に小径車かを散々悩んだが、
結局、予算とフレームデザインで決めた結果、折り畳みになった。

KHS F20-RC

F(フォールディングタイプ)の20(インチ),R(?)C(カーボン?)
Pと悩んだけど、中途半端にダイヤモンドフレームにするよりはと思いFに決めた。
だから別に折り畳みがよくてこれにしたわけじゃないんだけど、結果的には折り畳みできること自体は
出来ないよりはいいじゃないかと思う。耐久性のデメリットはあるけれども。


通勤用なんだから、ノーマルでいいよねとも思うが、そうも行かないのが自転車好きの性なんだろうか。
既に色々あれこれしようと考えている。
NOAHをいじってあげたいところなんだけど、一応というか既に完成されている気がするので、それはそれで。


メモ代わりに、現状の想定として

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。