忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2013年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月
ARCHIVE ≫ 2013年06月
      

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ジレンマ2

ジレンマという言葉は日本語では両刀論法というらしい。

A「ロードバイクに乗るからには、それ相応の格好をしたいわけよ」

B「しかし人の目が気になるのがどうにも克服できない、と」

A「そう。しかも赤と黒が好きな自分は、どうにも派手なジャージや自転車になっている」
IMG_0877_R.jpg

IMG_0891_R.jpg


B「それって余計目立つじゃん?」

A「目立ちたいわけじゃないんだけど、自分がかっこいいと思う色やデザインは目立つわけで……」

B「いやそれ目立ちたいんだろ。目立ちたくない人は自ずと暗い色を好むものだ」

A「いや、違う。好きなだけだ。それ以上でも以下でもない!」

B「でも、カーボンディープホイールほしいんだろ?」

A「うん」

B「それって否が応にも目立つぜ?」

A「いいよ!」

B「即答な。なら自分自身が目立って人から見られてもいいよな?」

A「いや、それはうーん……」

B「つまりだ。自分の自転車は見られても、自分は見られたくない。そう思ってるんだろ?」

A「そうかもしれない」


B「お前は自分に自信がないだけなんだよ。それを頭の中でわかっていて、それでも尚自信を持つことが出来ないことに、苛立ちを覚えている。それだけのことだ」

A「知ってる。原因がわかっていて治せないものほど厄介なものはない」

B「コミュ障乙」


スポンサーサイト

ロードバイクはお金がかかる

趣味っていうのは、須らくお金のかかるものだと思う。

フィギュア
ドール
カメラ
オーディオ

バイク
PC
etc...

正確にはその趣味にどの程度没頭するかに尽きるのか。

ロードバイクだって、極端な話、完成車一台を買ってしまえば走り出せる。
当然のことなのだが、しかし、これで終われないのもまた当然のことだと思う。

人間の欲というのは際限ないものだから、少しすると不満が出てくるのだ。
どんなに気に入って買ったものでも、ここをグレードアップしたいだの、見た目がやっぱり好みじゃないだの。

中には上記のように完成車一台それのみで、あとは消耗品類だけの出費に留まる人もいるだろう。
でも、ロードバイクという自転車の世界においては、きっとそっちのほうが少数派なのではないかと思っている。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。