忘却回避録

過去を引きずる人の為の忘却回避録。そんなわけで。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ALI PROJECT
CATEGORY ≫ ALI PROJECT
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ALI PROJECT TOUR 2015 倶楽部エピキュリアン快楽交歓会のススメ 渋谷公会堂 FINAL

土曜に書こうとか言ってたのに、もうこんなに日が過ぎている。
というわけで、ちょうど先週になるけれど、毎年恒例のアリプロライブに行ってきた。
ツアーなので時間とお金があれば全て参加したいのが本音なのだけど、
現実はそう甘くはない。

けど、前回の園遊会in仙台は行ったわけだし、頑張れば1公演くらいは行けるかな?

さておき、東京公演のセトリは以下の通り。

快楽のススメ
リュウコウセカイ
放蕩娘と無慈悲な遊戯
熱帯性植物園
狩猟令嬢ジビエ日誌
禁忌 TABOO
黒百合隠密カゲキダン
わたしは慾望という名の處女
Golden Slumbers Kiss Your Eyes
陸と海と空と
勇侠青春謳
愛と誠
異端者たちの悦楽
わが臈たし悪の華
亡國覚醒カタルシス
緋ノ糸輪廻ノGEMINI
波羅蜜恋華
アタラクシア、そして対峙する自己
BAR酔芙蓉へどうぞ
桃色天国
未來のイヴ

ライブが終わってからの帰路は、当たり前のようにライブの感想を話すのだけど
そこで毎回セトリが思い出せないのよね。
たった今聴いたばっかりだというのに。

だからといって適当に聴いていたんじゃないかということは全くもってなく、
ただ単に記憶力が悪いということに過ぎない。

セトリの中で、これが聴けるとは思わなかった!というのは熱帯性植物園と桃色天国。
熱帯性植物園は癒される。
個人的に一番印象に残っていたのは一曲目の快楽のススメ。
イントロのかっこよさとアリカさんの妖艶な動きが今でも脳裏に焼きついている。
もう一度観れるのなら観たいが、今回はDVDはないのが残念でならない。
園遊会で観れるかな。


さて、
今回のアルバム「快楽のススメ」はアダルトな感じ。
黒アリでも白アリでも青アリでも赤アリでもない、
どれにも属さず、何色にも染まらず、
且つ
どれにも属せて、何色にも変われる。
そんな、不思議な曲ばかりである。

これは前作の流行世界も同様で、最近のアリプロは、形を持ちつつ形を持たない、そういった得も言われぬ魅力がある。



そんなアリプロの曲たちは、一度聴いただけではなかなか頭に入ってこない。
毎日毎日アリプロばかり聴いている人間がそう言っているのだから間違いない。

曲は、さながら異界への扉のようで、
簡単には開かないが、一度開けば最後。
入ろうと思うよりも先に、気付けば足は沼に浸かり、引き返すことは出来ない。

これこそが、至高の快楽に他ならない。


そんなわけで。
スポンサーサイト

遅い遅い仙台レポ

管理画面を開くこと自体が久し振り。

言い訳を言うと、新しくコンデジを買ったので、そちらの写真をPCに取り込むのがどうたらこうたら。

毎日ブログ更新してる人(いわゆるブロガー)はすごいですわ。
もっと言うなら、HPを持ってる人は更にすごいと思う。
昔も昔、htmlをちょっと齧ってHP作ってみたりしたこともあるけど、完全に黒歴史であり、
そしてズボラでめんどくさがりの自分が出来ることじゃないと悟ったね。

人間、必死になってやれば出来ないことはないというのも間違いじゃないが
人間には、向き不向きがあることもまた現実なんだよなぁ。


前置きはこれくらいにして、

勇侠園遊会 其ノ三ソワレ レポート

園遊会といっても、FC会員限定のミニライブ。
勿論(モチのロンという言葉が頭をよぎるあたりやばい)、アリプロのイベントとなる。


思い返せば、其ノ二に行きたいが為にFCに入会したんだった。
これといって目ぼしい会員特典はなく、それこそこの限定ライブくらいなものだけど、それでも脱退する気はなし。

一昨年の前回はイクスピアリのライブハウスというちょっと洒落たところで、ディナー付きのライブだった。
もうほんと数メーター先が舞台という距離感と、初めて行くライブがこんな贅沢でいいのかと。
それからはツアーライブは欠かさず行くようになりました。

去年の握手会の際に、ktkrご本人に直で「今年は園遊会はやらないんですか?」と聞いたことが開催に繋がったんだろうかとか勘違いも甚だしいことを妄想しつつ、今回も無事当選し、開催の日を待ちわびてましたよ。



前回もソワレだったけど、今回もソワレ。
最近は白アリこそ真骨頂と思うことが多いのだが、それでもやはりアリプロといえば黒アリかな。
というよりも、せっかく間近で見て聴けるのだから、どちらがいいのかと問われたら間違いなく黒なんだ。

黒アリは、蔑むような強い眼光を近くに感じながら、聴いていたい。
白アリは、純粋に耳に響く声を聴くのがいい。だから近い必要はない、いい音響設備で、たまに目を瞑って聴きたい。

そういうことで、迷わずソワレなのである。



では、前置きはこのくらいに。

令嬢薔薇図鑑顧客閲覧会in渋谷公会堂レポート

書いている途中にフリーズしてしまって、既に一週間前になることだけど。

金曜日も休んだので4連休だったわけだけど、昨日今日と実家に戻っていたので、自転車は乗っておらず。
そして、土曜日は待ちに待ったアリプロツアーに行ってきたので、そのレポートでも軽く書いておこう。

いつものごとく、グッズの為に昼には到着。
前回のヴェンテンナーレと比べると、人の数は増えていた。

東京公演のセットリストは以下の通り。
各曲ごとに感想付き

1/令嬢薔薇図鑑
ツアーに先駆けて発売されたアルバムのタイトルである曲。
一番初めの声というのはとても難しい。
特にこの歌は出だしから高音で始まり、すぐにスキャットに入るので尚更なのだが、
音程もばっちりで、さすがである。

2/ALICE同罪イノセント
無垢とは悪である。

3/薔薇娼館
今、再度書き直している時点で一番お気に入りかもしれない歌。
歌詞、歌い方、全てにおいて素晴らしい。

4/薔薇架刑
薔薇が続くということで、ローゼンメイデンに使われた歌。
途中咽たとこがあってから、ハラハラしながら聴いていたけどCDでは伝わらない迫力があってよかった。

5/ローズ家の双子達
アルバムを聴いて一番初めに気に入った歌。テンポ最強。これぞ赤アリって感じの歌かな。
アリプロの歌は、間奏が良いのがとても多いのだけど、これもそのひとつ。聴けば言いたいことがわかる。

6/私の薔薇を喰みなさい
ローゼンメイデンOP曲。
可愛い妖精たちをドラァグだと瞬時に思った後に出てきた本当に可愛い小さい妖精たちを見たときの衝撃。
この歌はとてもアリカさんが楽しそうに歌っていて、そこに感動した。
ライヴ後、よく聴いている。

7/乙女の贖い
バラハミのカップリングに入っている歌。水銀燈の歌らしいんだけど、歌詞がいい。

8/少女と水蜜桃
三拍子のとてもテンポのいい歌。ローズ家の双子達の次に気に入った歌。

9/いにしへひとの言葉 (instrumental)
ここで衣装チェンジ。
毎回衣装チェンジは楽しみの一つ。歌い終えて、サッと舞台裏に歩いていくところは
至極当たり前のなんてことのないことなんだけど、かっこよく思えてしまう。
そして着替え中はインストの出番。いいなぁ、かっこいいよヴァイオリンの二人も殿も。

10/朗読する女中と小さな令嬢
後方の上から登場したアリカさん。
この歌は、謎めいていて少し怖い歌詞なんだけど、歌はとても静かで穏やか。
歌い終えた後の、アリカさんの綺麗な朗読にとても感動してしまった。

11/Poisoner
ここから黒アリ連続。
ただただかっこいい。ノリもよくていいよ。

12/黒百合隠密カゲキダン
今回のアルバムで南無地獄大菩薩と合わせて黒アリっぽい歌。
かっこよい。

13/真偽贋者遊覧会
何となく久々に聴いた気がする。真偽贋作博覧会がずいぶん昔のように思える。

14/裸々イヴ新世紀
何故かよく歌われる。諸事情で毎度のフリも出来なかった。

15/人生美味礼讃
まさかこれが聴けるとは思っていなかった。
そして想像以上にかっこよくて鳥肌が立った。

16/快恠奇奇
この歌は、いわゆる節目の歌であり展望の歌であると思っている。

17/髑髏ヶ城の巫女達は永遠に現世の夢を見る
ライヴ後、思い思いにどうだったかを語るわけだが、唯一、この歌だけ曲名がその場で出てこなかった。
結構好きでよく聴いていたのになんてことだ。と、人様のセトリを拝見して判明してからしばらく呆然とした。
余談だが、一通りipodで歌を流して尚、どれだったかわからなかった。おかしい……。

18/南無地獄大菩薩
タイトルからしてとんでもなく重い歌だけど、何故か落ちつく。

19/東方憧憬未見聞録
この歌は初めて聴いたとき、いまいちだと思ってたんだけど、今ではとても好きな歌である。
聴けると思わなかった歌パート2。
アリカさんがMCで言っていたが、歌詞がとても深い。

20/見ぬ友へ
ラストのところに、ピアノとアリカさんボイスだけのパートがあるんだけど、その歌詞と綺麗な声がいい。
「いつかこの星は滅ぶかもしれない。世界が終わるときすべてがようやくひとつになるだろう。
ぼくたちもみんなおなじに消えてゆくんだ」

泣きそうになった。

21/隼の白バラ
衣装チェンジの際、男3人が笑わせてくれた。
白いドレスに変わって歌ったこの歌は、大和ソングかな。

22/未來のイヴ
キタ――(゚∀゚)――!!と思わず言いたくなるほど好きな歌。
間奏の間にする挨拶が好きだなぁ。
勿論、歌は最高だったんだけど、やはりこの歌は禁書ツアーのものがパフォーマンス・衣装含めて最高なんだよねぇ。

23/愛と誠
確かファンの中で上位5位くらいに入る人気なんだっけ。


これで終了。約2時間、本当にあっという間だった。
いつまでも聴いていたいと、毎度思う次第であります。

以下、適当につらつらと感想を。

戦争と平和

昨日から「戦争と平和」が頭の中で流れ続けている。



9割がたyoutube使ってるので、最大の特徴であるコメントがうざったいニコニコ。
youtubeだとあまり音質のいいのがなかった。仕方ない。


メロディとテンポが最高にいい歌。
歌詞について、20代に書いたものらしく、きれいごとだと本人が言っていたらしいが、
確かに、その傾向の強い歌詞ではある。

が、これはこれでいいと個人的には思う。

でもこれが最近では歌わない理由なのかもなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。